看護学部 看護学領域科目小児看護学Pediatric Nursing

JapaneseEnglish

研究室HP

2017

 小児看護の目的は、子どもの権利を尊重し、一人ひとりの子どもが健康に育つことのできる環境を整え、生活の質(QOL)が向上するように支援することにあります。乳児期から思春期まで、幅広い年齢の発達段階を捉え、身体・心理・社会の側面から対象を理解し、子どもを支える家族と共に、それぞれの子どもに適した援助を行います。
 教育は、小児看護に必要な知識・技術・態度の習得を目標として、2学年では、子どもの各発達段階の特徴と取り巻く環境、疾患・障がいをもつ子どもの理解と看護が学べるように講義を行います。3学年では、疾患・障がいをもつ子どもと家族を理解し、適切なアセスメントと援助が主体的に行えることを目指し、演習と病院での臨地実習を行います。
研究では、プライマリケアにおける慢性疾患・障がいをもつ子どもと家族支援に関する研究、児童虐待の予防に関する研究に取り組み、地域に貢献できる活動を目指し、日々教育と研究に臨んでいます。

お問い合わせ

TEL: / FAX: / Email: hashi-s@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講師

  • 土師 しのぶ

助教

  • 寺井 孝弘
  • 石井 和美

主な研究業績

部門別研究業績

  • NICUに入院経験のある児の父親が認識する夫婦の関係性と愛着.須磨佳代子,土師しのぶ,寺井孝弘.日本新生児看護学会学術集会,2016.
  • Single mothers who have children with asthma in Japan.Shinobu Hashi.The 6th International Conference on Community Health Nursing Research.Seoul, Korea. 2015.
  • 子育て支援センターにおける小児看護学演習の学び.寺井孝弘,宮内環.看護実践学会誌,vol.28,No.1,9-16,2015.
  • 小児科クリニックにおける心理・発達問題への支援と地域連携. 朝倉昭雄、土師しのぶ,
    朝倉曜子. 日本外来小児科学会年次集会. 2012
  • Family Functioning of Children with Asthma. Oral presentation at the 10th International Family Nursing Conference, Kyoto.2011

主な外部研究資金

  • 2016年度~2017年度,学術研究助成基金助成金,挑戦的萌芽,幼児の喘息疾患管理アドヒアランス向上のための支援モデル開発,研究代表者:土師しのぶ
  • 2013年度~2015年度,科学研究費補助金 若手研究(B),養育者の心理傾向に着目した虐待へのポピュレーションアプローチに関する研究,研究代表者:寺井孝弘